2013年01月16日

TS9とベースマンとSG

年末に一気に増えて賑やかになったエフェクターたちですが
繋ぎ方やアンプやギターとの相性などいろいろ研究してます。

ディストーションとコーラスなど相乗効果で心地よくなるものや
単体でキレのある音になるものなど多種多様なので楽しいです。

最近のお気に入りはTS9とベースマンの組み合わせにSGです。

エフェクターの歪みって癖があるので単体では使わないのですが
この組み合わせは実にキレのあるトーンで良い感じなのです。

低音もモコモコしないし高音も痛くないし心地いいのです。

他のギターやアンプでも試してみましたが今ひとつでした。
それとシールドは最短になるようにしたほうがいいようです。

lroom-1.jpg
ラベル:SG ベースマン TS9
posted by nobu at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

新年エフェクター三昧の義

昨年は駆け込みで沢山エフェクターを買ってしまいました。(汗)
エフェクターは求めるサウンドがハッキリしていれば効果的
ですが何となく使っていると本来の音が分からなくなってしまいます。

そんな危険性をハラミながらも気持よく変化をつけてくれるので
遊びプレイには最高のおもちゃになります。

とりあえず繋いでおいてサラリと音色を切り替えての一人ライブ。
何となくプロになった気分で気持ちがいいのです。

しかし、沢山繋ぐと音の劣化は避けられないので出来るだけ
高品質で短いケーブルを使うことが大事になってきます。

今年はアンプ直至上主義を改めて多彩な音色で行きたいです。

IMG_3405.JPG
ラベル:エフェクター
posted by nobu at 10:30| Comment(2) | TrackBack(0) | エフェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

MXRトリオに新メンバー現る

新しい年を迎えてエフェクター仲間も増えまくりです。(汗)
今度はMXRトリオにコーラスが加わりました。
ワンツマミのシンプルなマイクロコーラスです。

IMG_3397.JPG

コーラスといえばJCでお馴染みのボスだろうと思うのですが
ちょうどいいタイミングで中古に巡りあってしまいました。
それにMXRって見た目がカッコいんですよね。笑

音の方ですがさすがにアメリカ製だけあって割り切ってます。
この音でドヤみたいな潔さがアメリカンな感じでいいです。

左いっぱいでさり気ない感じ、右いっぱいだとえぐい感じ。
センターだとちょー気持ちいいって感じで某国民的アイドル
AKBよんじゅうはちもビックリな逸品です。

MXR同士をつなぐと仲良しグループみたいで微笑ましいですね。

IMG_3399.JPG
ラベル:MXR
posted by nobu at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

nobuはホーリーを唱えた!エフェクターが1つ増えた!

好みの音を追求することはインディ・ジョーンズが
聖杯を探すことと同じなのかも。キリがない。笑

いろいろ揃ってくると無いものが欲しくなります。
というわけでデジタルリバーブを買いました。

デジリバというとラック型が多いのですがあえて
コンパクトを選びました。あのエレハモです。

IMG_3393.JPG

リサーチしてみてフェンダーのスプリングリバーブの
自然な響きを完璧にデジタルで再現しているとの評判。
これが決め手となりました。

それにしてもこのメーカーはネーミングが素晴らしい!
ホーリー・グレイルなんて聖杯ですからね。
日本だとRV-5だのRX77だの記号だらけで味気ない!

このリバーブは3つのモードとエフェクト量の調整つまみ
だけというシンプルさながら出てくる音はズバリ欲しい音。

さすがにメイド・イン・ニューヨークだけのことはあります。
音楽的にツボを得ていてブレがないというか良い感じです。

ちっちゃい体に大きな宇宙を内包しているような壮大で
心にしみるトーンにしびれました。これはオススメです。

IMG_3394.JPG
ラベル:リバーブ
posted by nobu at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

伝説を作ったドアーズ

60年台のロックを語る上で避けては通れないのがドアーズです。
カリスマ性のあるボーカル、ジム・モリソン率いるバンドです。

ドアーズの68年のライブのブルーレイを手に入れました。
神秘のベールに包まれたバンドのロック魂を学ぶためです。

実は曲は殆ど聴いたことがなくいまひとつでしたが存在感が凄く
客とのやり取りなど計算しているようで完成度が高い感じ。

曲はシンプルなものが多く、キーボード中心でギターは控えめ。
ギターはラージガードのSGがメインでカスタムを時々使ってました。

当然ながら古いものなので画質は良くないですが
時代のパワーというかロック変革期のエネルギーを感じました。

IMG_3345.JPG
posted by nobu at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

MXR三兄弟なう!

揃えるのっていいですね。(笑)
結局、駄目だ駄目だなんて言いながらMXRの3三大コンパクトを揃えてしまいました。

ダイナコンプ、ディストーション+、フェイズ90です。

IMG_3388.JPG

実はすべて以前持っていてアンプ至上主義に走っていた時に
売り払ってしまったので復活ということになります。

やはり定番だけあっていいですね。安定感あります。

特にダイナコンプは病みつきになります。(汗)
粒が揃うのでカッティングとか上手くなった錯覚に陥ります。
サスティンを長めにした時のパクーんという感じも好きです。

ディストーション+はちょっと癖がって使いにくい感もありますが
ひとつの音色と捉えると使い道が開けてくる気がします。

一気にエフェクター天国になってしまいましたが
頑張って使いこなしていきたいです。

IMG_3390.JPG
ラベル:MXR
posted by nobu at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

年末エフェクター暴走が止まらない

止まらない〜誰か止めて〜!(笑)

という感じで一個買うと次々と堰を切ったように欲しくなります。
今回はMXRの名機フェイズ90です。

IMG_3378.JPG

実は以前持っていたのですがLEDが無いとか外部電源入力がないとか
音は気に入っていたのですが機能に不満があって手放してしまいました。
現行機は改良されていて欲しいなと思っていたのです。

このエフェクターはツマミ一つのシンプルさながら
多彩なサウンドメイクが可能です。

IMG_3379.JPG

左いっぱいなら歪ませてソロの隠し味に使えます。
右いっぱいなら過激な発信サウンドでレスリー効果が楽しめます。
そしてセンターあたりはきらびやかなサウンドで癖になります。

ホントに気持ちいいサウンドなのでオススメです!
ラベル:フェイズ90 MXR
posted by nobu at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

ロッカーの必須科目ワウ

年末になると何故だかエフェクターが増えてしまいます。

出会いがあれば別れもあるわけで何故か翌年の年末には
手元には何も残っていないという不思議な現象も起こります。

すべてにおいて出会いには得るものがあるので拒まず
勉強と思い使ってみることが大事ではないかと思います。
その内に一生の伴侶も現れることでしょう。(謎)

今回の出会いはジムダンロップのクライベイビー95Qです。
クライベイビーはロッカーなら一度は使うというワウの老舗。

IMG_3364.JPG

実は長いことイタリア製ジェンのオリジナルを使っていて
数年前に売ってワウなしロックライフになってしまい
ジミヘンとかゲイリー・ムーアのプレイを聴くたびに
いいなあと思っていました。

いろいろと面倒な点や欠点が目立ってきて売ってしまったわけですが
この新型95Qはそれらを補ってさらに素晴らしい機能を得ています。

まずはスイッチレス。マッチレスではありません。(謎)
踏み込むだけでワウが掛かり戻すとスルーになります。
まさに華麗なるスルーという訳でメッシもビックリ。(謎)

これ凄く大事なポイントなんです。今までは一番深く踏みこまないと
掛からなかったのでついつい使いそびれてしまっていました。

それとQコントロールがあります。
ワウの掛かり具合を調整できるので応用範囲がグッと広まります。

さらにブーストスイッチ。これはオンオフが切り替えられます。
オーバードライブの前に繋いでブーストさせれば歪みアップ。

IMG_3372.JPG

その他、バッテリーホルダーが付いたので裏蓋を外さなくていいとか
細かいところまでグレードアップしています。

筐体は頑丈で荒くれロッカーの八つ当たり的なプレイにも楽勝。
音的にも動作的にも信頼出来る相棒となってくれそうです。
ラベル:ワウワウ
posted by nobu at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

フランプトンさんがやって来た!

ライブアルバムの名盤といえばピーターフランプトンさんの
『カムズアライブ』が有名です。

今でも現役で頑張っているピーターさんのブルーレイを買いました。
あの名盤を再現するというコンセプトのライブとなっています。

代名詞といえる黒の3PUレスポールカスタムとトーキングワウ。
曲ごとにギターを変えていてギター好きにはたまりません!

使われているのはギブソン中心で黒カスタム、サンバーストLP
SG、335などで一曲だけストラトを弾いていました。
アンプは複数使っているようですがマーシャルがメインのよう。

曲は親しみやすいメロディでソロも多めになっています。
ギターの音色は程よく歪んでよくドライブしてました。

ジャケットの写真と比べて別人かと思うほど髪の毛が残念な状態
になっていますが本人も気にしているらしくネタにしていました。(笑)

和気あいあいなライブになっていて往年の名曲が楽しめました。

IMG_3344.JPG
posted by nobu at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

悪魔と取引したブルースマン

音楽業界には伝説が多数ありますが悪魔と取引をしたという
伝説のブルースマンの話は有名です。

その人の名はロバート・ジョンソン。

十字路で悪魔と出会い、取引をしてブルースの真髄を得て
2セッション29曲を残してこの世を去ったというのです。

その後、エリック・クラプトン、サンタナなど名だたる
ブルースマンが絶賛して神と崇めたという人です。

そんなロバート・ジョンソンが残した29曲、別テイクを
合わせて残された録音すべてを集めたCDを買いました。

これ一枚で伝説のすべてが手に入るという逸品。
当然ながらモノラルでマスターテープなどなくノイズだらけ。
アコギ一本というすごい内容です。

さて、肝心の曲ですが、私にはダメダメでした。(汗)

どの曲も同じように聴こえてしまうし、そもそも曲というより
酔っぱらいの鼻歌というかひとりごとに聞こえてしまう。(謎)

この人の凄さ、曲の良さが分かるようになるべく精進しなくは・・・。

IMG_3347.JPG
posted by nobu at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする