2013年09月09日

エアロスミスかっけー!

エアロスミスのベスト盤を買いました。中古が安かったのです。
今もなおロック魂が燃え盛るエアロですが初めて買いました。
お恥ずかしいことにベタすぎて敬遠していたのです。(汗)

しかし、聴いてみて納得。これこそロック!

『ウォーク・ジス・ウェイ』など名曲がズラリ。
当然ながらハズレは無く2枚組でボリューム満点です。

やはり第一線で長く活動しているバンドって凄いですね。
歳を重ねてなおもパワーが落ちていないのが素晴らしいです。

IMG_3928.JPG
ラベル:エアロスミス
posted by nobu at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

BOSTONかっけー!

ちーっす!BOSTONってよくなくね?(謎)

というか超寡作なBOSTONの貴重なライブ盤を買いました。
海賊版ではないようですが微妙なニュアンスの文面が・・・。
でもいいんです!なにしろBOSTONですからありがたいです。

これはデビュー時期のライブで音質はともかくさすがの出来。
ボーカルはともかくギターが凄いです。完璧なんです。

スタジオ盤の妥協を許さないクオリティをライブでどう再現するか
注目して聴きましたがホント素晴らしい出来です。

今年は動きがありそうな気配なのでこれを聴きながら
楽しみに待ちたいと思います。

BOSTONかっけー!(笑)

IMG_3867.JPG
posted by nobu at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

若き日のポールを偲ぶ

いまや生きた化石級のロックスター、ポールマッカートニーさん。
伝説のバンドビートルズでは数々の名曲を残し解散後はウィングスを結成。

そのウィングスの全盛期といえる1976年のアメリカツアーを観ました。
もちろんリアルではなくブルーレイですが油の乗った演奏が楽しめました。

ポールはこの後は普通のアーティストになってしまった感があります。
それでも素晴らしいことに変わりはないのですが・・・。
最近は世界で一番ビートルズナンバーを上手く歌う人という感じ。(謎)

それはさておき、このライブはポールバンザイ映像を曲ごとに挟んだり
二度と見る気が失せてしまう近年ものと違い、そのままの演奏を
そのまま収めていて曲間の楽器チェンジまで入っていて生々しいです。

曲の良さも申し分なく、ビートルズナンバーを含めヒット曲満載!
まさにベスト盤ライブといっても過言ではないでしょう。

それにしてもポールは若い!パワフルです!
そしてワンマンぶりも匂わせていて他のメンバーは大変そう。(汗)

古いライブなので映像は荒いですが音質は申し分ないのでオススメです!

IMG_3824.JPG
ラベル:ポール
posted by nobu at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

トラは絶滅危惧種

動物の虎もそうですがギターのトラ目が絶滅の危機に瀕してます。
それもここ数年急速に進んだ感があり、楽器店に行っても
眼を見張るような鮮やかなトラは皆無でほんのりトラでもいいほう。

良質なトラの収集で有名なPRSでさえ、かなり控えめな印象です。
2003年くらいまでは驚くほど凄いのがゴロゴロあったのに・・・。

トラ目は音への影響はあまりないと思うので音重視なら
気にしないでいいと思うのですがギターの楽しみはいろいろ。
やはり弾かない時でも眺めて愛でて楽しみたいものです。

それどころかエボニーを始めマホガニーなど材料としての
入手すら難しくなってきているのは困ったことです。

惚れ込んだギターは少々無理があっても手に入れるべきなのかも。(謎)

↓バリトラの例

IMG_3803.jpg
ラベル:虎目
posted by nobu at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

P-90のフロントが熱い!

このところ54年レスポールがいい感じです。
年月を重ねた芳醇さが心地よいトーンなのです。

やはりP-90が音色の重要な要素だと思います。

このピックアップは構造的にはシングルですが
大変にパワーがあります。

最近のお気に入りはフロントです。

パワーがある上に弦に近いためパワフルなトーンです。
シングルなので歪ませてもこもらずに良い感じに抜けます。

ロックな曲のソロに最適な音色ではないかと思います。

IMG_3640.JPG
ラベル:P-90
posted by nobu at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

生きる伝説ボブディラン

60年代から沢山の伝説を作り、今もなお現役で活躍する
音楽界の宝といえばボブディランのことでしょう。

フォークからロックとジャンルを超えて活躍し
カリスマとして君臨してきた凄い人です。

しかしながらあまり聴いた事はありませんでした。(汗)
避けていたわけではないのですが出会いがなくて・・・。

たまたまAmazonでオススメを辿っていたら
安いSACDが目に止まり、何気なく注文してみたんです。

やはり凄い人でした。(謎)

曲はあまり知らないので恐る恐るという感じでしたが
あの独特の歌声が耳に残るんです。

でも一部のアルバムでは美しいクリーンボイスを披露していて
あえて声を作っているみたいですね。さすが神!

30枚以上あるので全アルバム制覇は難しそうですが
また機会があったら聴いてみたいと思います。

IMG_3606.JPG
ラベル:ボブディラン
posted by nobu at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

エクストラライトのマーキスを試す

早くもD-45GEの弦が切れてしまったので張り替えました。
今回は初のマーキスです。フォスファーブロンズです!
ノーマルと比べて100円ほどしか違わなかったのです。

IMG_3586.JPG

意外と高級感あって良い感じですね。
ボールエンド側に保護処理がされていてブリッジに優しそう。

IMG_3597.JPG

カスタムライトは音量が大きく、いい弦なのですが家弾きでは
そんなに大きな音は出なくてもいいし、テンションがキツく
指が痛くなるのでエクストラライトが合ってるみたいです。(汗)

IMG_3598.JPG

張り替えたばかりの弦の輝きが眩しいです!
音量は控えめですがバランスが良く、心地よい響きです。

フォスファーということでストロークには向かないかなと
思いましたが悪く無いです。ある意味万能な感じ。

しばらくはこれを使ってみようと思います。
posted by nobu at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

イーグルスライブでギターを堪能

イーグルスのオーストラリア公演を収めたBDを観ました。

バンド内でゴタゴタがあってドン・フェルダー抜きの
4人プラスバックバンドを従えてのライブです。

セットリスト的にはほぼベストでドン・フェルダーの
抜けた穴をどう埋めているかに注目して観ました。

まずは気になる使用機材ですが曲ごとにギターを変えるし
アンプも沢山並んでいてギター好きにはたまりません!

ドン・フェルダーの代役の人はさすがに上手かったです。
しかし、卒なくこなしているのですが味がないというか。
ほぼフェルダーのフルコピーをしているので物足りない感じ。

ドン・ヘンリーはシブさが増して素晴らしいボーカルです。
グレン・フライとのコンビは音楽的には申し分ないですが
ビジネス的にはアクドイというかカネに汚いらしく・・・。(自己規制)

最期まで観終わってやはりイーグルスはギターバンドだなと
思いました。今やロックでもギターソロは殆ど無いし貴重です。涙

『ホテルカリフォルニア』や『呪われた夜』などたまりません!
オリジナルに忠実にギターソロを弾いていて盛り上がります。

特にダブルネックを持った途端に会場がヒートアップする様子など
まだまだギターの魅力は捨てたもんではないなと思いました。

IMG_3578.JPG
ラベル:イーグルス
posted by nobu at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

神の手元

我らがギターの神マイケル・シェンカーのブルーレイを買いました。
オランダで行われたライブからで代表曲から新作までタップリ楽しめました。

近年は好調不調の波がある感じですがこのライブは調子が良さそうで
テンションも高く、実に楽しそうにプレイしているのが伝わります。

いきなりの『イントゥ・ジ・アリーナ』『アームド・アンド・レディ』
で興奮度マックス!最後まで一気に見入ってしまいました。

特筆すべきはギター好きが見るであろうことを意識してか手元のアップ
がとても多く、神の技がとくと堪能できるようになっていることです。

使用するギターはディーンのフライングVでフィニッシュの違う
数種類を使い分けていました。

アンプはマーシャルですがあまり歪まないらしいJCM800のようです。
極上の歪みだったのでエフェクターで主に歪ませていたのかも。(謎)

ちなみに3段積みの上段のキャビがひっくり返っていて妙な感じでした。(笑)

やはり調子のいい時の神は凄いです!

是非とも観て欲しいです。

IMG_3567.JPG
posted by nobu at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

エボニーが危ない!

良質な木材は年々少なくなっていますが、最近は質を問う以前に
その木材自体が入手困難になっているようです。

最高グレードのギターに多く使われるエボニーが不足しています。

ギブソンではレスポールカスタムの指板を合成樹脂に変えたり
ローズウッドモデルを出したりとエボニーモデルは貴重になりそう。

ハカランダみたいにエボニーモデルも高騰してしまうかも。(汗)

吸い込まれそうな深い黒、なめらかな手触りはもう味わなくなるのかも。涙

IMG_3542.JPG
ラベル:エボニー
posted by nobu at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。