2005年10月11日

奥さん!アレンビックですよ!(意味不明)

雨の連休となり暇だったのでネットしていると
あるギターが目に留まりました、それがALEMBIC。
とてつもなくマニアックなギターです。

アレンビックはベースで有名なのですが、実は
ギターも作っていて、渡辺香津美も愛用していました。

それが中古ですが驚くほど安く売り出されてました。
高価なギターだし数も少ないので実物を見たこともなく
もちろん探していたわけでも無いのですが即決断。
雨の合間を縫って渋谷に繰り出しGETしてしまいました。

帰宅後、弦を張り替えてボディとフレットを磨いたりと
メンテナンスしたら美しい木目が鮮やかになりました。

音は個性的で歴史を感じる銘器だなと思いました。

↓トップはココボロという木材で木目の美しい堅い木

alembic12.jpg

↓ALEMBICエンブレムは純銀製です

alembic6.jpg

↓フレットの減りも無くきれい

alembic4.jpg
posted by nobu at 14:09| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、初めまして。
なんとも素敵なギターを手に入れたのですね、羨ましい限りです。ベースを弾いていた頃、Alembicなんて、一生手に入れることはできないだろうと思った、憧れのブランドです。
Posted by 森田勝里 at 2005年10月14日 21:51
はじめまして。
コメントありがとうございます。

アレンビックはベースでは有名ですが
ギターは数も少なく知名度も低いようです。

綺麗に見えますが大きなキズや改造があるせいか
とても安く買えました。

また遊びに来てくださいね。
Posted by nobu at 2005年10月15日 11:56
アレンビックのこのセンターにノンマグネットのノイズキャンセラー・タイプでネックの積合が5P=スのはシリーズワンといいます。いまだと新たにオーダー入れると100万オーバーです。しかも米国で。このギターのユニークさは、音をブーストするのではなく、不要な音域を漉すフィルターであること。クリックスイッチで音域を選んで、ノブでその度合いを操作する。渡辺さんも、当初は相当苦労されたそうですけど、コツがわかったらもう、音色の豊かさを思う存分に発揮してました。いいなあ、思い切り楽しんでくださいませ。ちなみに、パワーサプライケーブルを介せば、ステレオアウトになります。
私はベースを持ってたんですけど(同じシリーズ1)盗まれてしまいました。一週間くらい落ち込みましたよ。
Posted by ポレンタ at 2010年02月01日 03:15
貴重な情報ありがとうございます。

フィルターは本当に癖がありますね。
まさに新しい発想で作られたギターという感じです。

個性的ですがいい音が出るので飽きることがありません。
これからも大事に使っていきたいです。

盗難とはひどいですね・・・お察しします。
Posted by nobu at 2010年02月01日 09:53
はじめまして。
ご縁があって、今このAlembic series 1 MSGは私の手元にあります。差し支えなければ、なぜ手放されたのか、教えてください。
Posted by さわむら at 2013年08月17日 11:05
はじめまして。

アレンビックはいいギターですよね。
他にない個性的な音を気に入っていたのですが
長く使っていると普遍的な音が欲しくなり
惜しかったのですが手放しました。

大事に使ってくださいね!
Posted by nobu at 2013年08月18日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。