2014年12月16日

暴れん坊インギーの若気の至り

80年代のギターシーンに衝撃を与えた天才ギタリスト
イングヴェイマルムスティーンの初期のライブ映像を見ました。
グラハム・ボネット率いるアルカトラスの1984年来日のです。

当たり前ですがインギー若い!そして細い!(笑)
しかしながら自ら天才と名乗るだけあってプレイは凄いです。

今でこそテクニカルなギタリストが沢山いますが当時は皆無。
その衝撃は計り知れないと思います。

ステージは凄いことになっています。
暴れる暴れる壊すとやりたい放題。(笑)

これぞまさしく若気の至り。
ある意味、ロックの真骨頂と言えるかもしれません。

IMG_4332.JPG
posted by nobu at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック