2014年06月04日

超絶技巧の世界へようこそ

とってもテクニカルよ〜。(テレ東)

と思わず唸ってしまうほどの超絶技巧を誇る
知る人ぞ知る・・・というかギター弾きしか知らない
かもしれないというアラン・ホールズワースのSACDです。
なんと公式唯一のライブ盤で六本木ピットインでのライブ。

アラン・ホールズワースはギタリスト、それもプロに絶大な
支持を得ていてまさにプロの中のプロと言う感じ。

プレイスタイルはレガート奏法と形容され滑らかで流れるよう。
ジャンルはジャズでもありロックでもあり現代音楽風でもあり
なんとも形容しがたいのですが独特のスケールとボイシングは
難解でありながら引き込まれる魅力があります。

このライブはSACDということでマルチチャンネル仕様となっていて
会場の空気感まで伝わってくるような生々しさです。

演奏の方も熱く、アランの手先に熱視線を浴びせているのが
分かるくらい張り詰めた空気を感じます。

特殊な人なので一般ウケしませんがギターを弾く人には
かなり刺激になるのでオススメです。

IMG_4275.JPG
posted by nobu at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398654300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック